琉装について


   沖縄では16世紀頃の琉球王府時代に身分制度が確立され、その服装も
   身分や階級によって色、柄模様、布地の種別をもって区別していました。      


   身分は王家、一般士族、庶民に大別されます.王族、士族の男性用の礼服
   は、黄色地を最上とし、紫、桔梗、水色、藍色等、階級別に、冠や帯で 
   示します。

   紅型(ビンガタ)衣装は、王族婦女子の礼服であったとされており、黄色地
   水色、うす紅色の順で、その柄の大小にも規制があったようです。


   また士族婦女は絣(カスリ)や上布を、庶民は男女共に植物繊維の芭蕉布
   着用していました。

   衣装同様、髪型やかんざしにも違いがあり、それらの王府時代の民族衣装を
   総称して琉装といい、沖縄の言葉では「ウチナースガイ」と呼んでいます。


   王府時代の服制も1879年(明治12年)の廃藩置県をもって廃止され、現代の
  継承では、琉球芸能が重要な役割を果たしています。


      琉装は沖縄の文化、風土、気候を肌で体験できる装いです。        

      
       「ウシンチー」スタイル

     ウシンチーとは、帯を締めずに腰紐一本で着付けをします。

     是非お試し下さい。

     沖縄の染織は、南方諸国や中国から多様な技術を吸収消化し、
     各島や地域ごとに特色ある染織物が生産されてきました。            

     代表的なものでは                          

琉球紅型、首里織り、芭蕉布、ウージ染め、
読谷花織,読谷ミンサー、琉球絣        

     沖縄本島以外では、                         

      久米島紬、八重山ミンサー、八重山上布、      
与那国織、宮古上布              
     等があります。
     
     夏は涼しく、楽に着付けられるウシンチースタイルをおすすめいたします。


戻る
戻る